大家さんのつぶやき

かつて「住む」のイメージは実家、一人住まい、寮といった固定概念が中心でした。今、「住む」は洋服やバックを取り換えるようにライフスタイルに合わせて気ままに変えていくソフトなタッチに変わってきています。

例えば学生時代、社会人の独身時代、パートナーが見つかった時、結婚した時、子供が出来た時、子供が巣立った時、老後生活を迎える時、誰かに支援してもらって生活するときなど人生の間には様々なシーンで住むところの価値観は変わってきます。

そして、更に学生時代や独身時代の感性はもっと敏感で様々なことを吸収したいと思うでしょう。だけど日本には「住むところの自由」という発想はありませんでした。一度所有すればずっとそこに住みます。一度賃貸すれば不動産屋に払うお金、引っ越しのお金、電気やガスなどの接続や転居の手続きなど実に面倒くさいものです。

シェアハウスはその面倒くさいことをすっきりさせました。

不動産屋、必要ありません。

礼金、必要ありません。

引っ越しの手間、家具付きだからスーツケースで入居できます。

電気もガスも水道もWiFiも全部、契約しているので入居したその瞬間から使えます。

そして、数あるシェアハウスの中でシェアレジデンス目白の優れているところは

たった3人でひとつのユニットをシェアします。だから、リビングもダイニングも洗濯機も乾燥機も風呂も洗面所も「混んでいません」!その上、トイレはなんと2つついています。洗面所も二つシンクがあります。

だからシェアレジデンス目白に住んだ人はすごくよかった、と言ってくださいます。

春の引っ越しシーズン、いろいろ候補がある中にシェアレジデンス目白も入れてもらえませんか?

お問い合わせはこのウェブから。クリック一つであなたの人生、楽しくなるかも、です。

 

 

 

Blue Tree

コメントはありません